乾癬 自然療法

乾癬は治りにくい病気と言われていて、長期化することも多いです。人によって何十年もこの病気と戦わないといけないということもあります。

乾癬の症状を抑えるステロイドによる治療法などもありますが、こうした治療は対症療法のようなもので根本的に改善させることは難しいと言われています。また、長く続けることで副作用のリスクもあります。

強力なステロイドを長期的に使うことで皮膚が薄くなったり、赤ら顔、むくみやすくなったりすることもあります。症状を抑えるには薬を使用するのは有効ですが、そもそも症状が現れないようにすることが大事になってきます。

そのための方法として注目されいるのが自然療法です。自然療法ではその人が本来持っている自然治癒力を高めることで病気を治療していきます。乾癬の場合、免疫の異常が原因で起きる病気なので自然療法との相性もいいといえますし、実際に高い効果をあげています。

自然療法はいろいろありますが、乾癬の治療についてはエドガー・ケイシーの『自然療法で「乾癬」を治す』という本が有名です。

乾癬の自然療法 エドガー・ケイシー

乾癬について書かれたブログはたくさんありますが、多くの方がこのエドガー・ケイシーの自然療法の本を参考にしています。この本に書かれている自然療法を実践して乾癬が完治した人も多いです。

私もこの本を持っていて乾癬の症状を改善させるために参考にしています。

乾癬は人間関係や職場環境などのストレスのほか、食生活の影響も大きいと言われています。偏った食事をしている、身体に悪い食事をしていることで体内に毒素が溜まり、それが皮膚への異常となってあらわれると指摘しています。

つまり、体内にたまった毒素を排出することと、体内に毒素を取り入れないということが乾癬の治療のためには重要ということです。

毒素を溜め込まずに排出させるためには日頃の食生活を見直して、乾癬を悪化させるような食事をやめるというのが自然療法の大前提となります。

エドガー・ケイシーの自然療法の本はかなり詳しく食べていい食材と食べてはいけない食材が書かれているので参考になると思います。まだ読んだことがない方は是非チェックしてみてください。

自然療法で「乾癬」を治す (エドガー・ケイシー文庫) [ ジョン・O.A.パガノ ]

自然療法で乾癬治療を行っていく上での注意点

自然療法をすすめていく場合には、あまり即効性を期待しないほうがいいです。すぐに治ると思ってはじめてしまうとなかなか改善せずに挫折する要因となってしまいます。

乾癬は長年の生活習慣が原因で発症したり、悪化しやすいので治すためにもある程度の時間がかかります。薬のように即効性はあまり期待できないので焦ってすぐに効果を出そうとしないほうがいいです。

また、自然療法の効果は人によって個人差もあります。エドガー・ケイシーの本もいろんな方法が書かれていますが、すべてがあなたにとって最適な方法とはいえません。肌質や体質によっては合わないものもあるので無理してやる必要はありません。

いきなり一気に生活環境を変えようとするのも負担が大きいので注意が必要です。急激にやろうとすると反動がきて挫折してしまう可能性が高まるので無理のない範囲で徐々にはじめていきましょう。

食事制限とかも急激にやると身体を壊してしまいやすいので、徐々に見直していき、食べないほうがいい食材も少しずつ減らしていく感じでいいと思います。

私も糖質制限をはじめたときは徐々に糖質を減らしていき、結果的に3ヶ月で8キロ位減らすことができました。最初から厳格にやるとストレスも大きいので徐々に食生活を改善していきましょう。

乾癬の治療のためには自然療法は欠かせないと思いますので上手に取り組んで乾癬を改善させていきましょう。

<スポンサーリンク>