乾癬 医師

乾癬は慢性化しやすい病気であり、長期的に向き合わなければならないことも多い病気といえます。治療も長期化しやすいので医師との関わりも大事になってきます。

乾癬はあまり認知度が高い皮膚病ではないので、なかにはあまり知識がなくい皮膚科医もいるようです。そうした知識不足の医師のもとでは適切な治療がうけにくくなってしまいますし、信頼関係を築くのも難しくなります。

乾癬の治療をしていくためには信頼できる医師を見つけることも大事になってくるといえます。

<スポンサーリンク>

信頼できる医師の見つけ方

どんな医者がいい医者なのかは相性とかもありますので、人によっても基準が違ってくると思います。人によっても好みとかがあると思いますが、次のような特徴をもった方は信頼できる医師だと思います。

・親身になって話を聞いてくれる

これはけっこう大事ですね。他人事のような感じで診察されるのは嫌ですし、丁寧に対応してもらいたいですよね。乾癬は患者数がほかの病気と較べて少ないですし、情報も少ないので不安なことも多いはずです。

治療に関して不安な点や不明な点を聞きやすい雰囲気をもっている医師は信頼しやすいですし、重要視すべきポイントだと思います。

・丁寧にアドバイスをしてくれる

薬を処方するだけでなく、生活習慣のアドバイスなどをしてくれる医師も良い医師だといえます。乾癬は生活習慣の影響も大きい病気と言われていますのでこうしたアドバイスは役立つはずです。

・目をあわせてくれる

当たり前のことのように思うかもしれませんが、医師の中には目を合わさずにカルテに向き合ってボソボソ話す方もいるそうです。こういう方はあまり良くないですね。しっかりこちらに向き合って対応してくれるかどうかは大事だと思います。

・薬を出すことに慎重

すぐに強い薬を出す医師もなかにはいるそうです。デルモベートという最強のステロイドをいきなり出された方もいるようです。薬について丁寧に説明してくれて強い薬に関しては慎重になって処方してくれる医師のほうが安心です。

医師に頼りすぎないほうがいい?

ここまで信頼できる医師について紹介してきましたがいかがだったでしょうか。現在かかりつけの医師がこうした条件にあてはまらず信頼できないと感じている場合には別の病院に変えてみるのもいいと思います。

ただ、乾癬の場合、医師によって治療効果が大きく変わるかというとそうでもなく、治るかどうかは自分の意思次第だったりします。

絶対に乾癬を治すという強い決意をもって生活習慣や食生活などをかえて自然療法に本気で取り組むことで乾癬も改善しやすくなります。病院や薬に頼りすぎてしまうと根本的な解決にならずに乾癬が長期化してしまうこともあるので、あんまり病院などにこだわりすぎないほうがいいかもしれませんね。

<スポンサーリンク>