乾癬オテズラ

どうも、こんにちは、乾癬歴7年のにゃんたです。今回は乾癬治療薬のオテズラについて書いていきます。私の体験談も書いていますので参考にしていただければ幸いです

この乾癬という病気は発症の原因などまだよくわかっていない部分もあり、治療も難しい病気と言われています。私も乾癬歴が長く、症状もかなり重いのですが、正直、しんどいですね。皮膚の痛みとかゆみ、見た目の悪さなど日常生活にも支障がでますし、負担も大きい病気といえます。

患者さんにとって非常に苦しくつらい病気ですが、命に関わるような重大な病気ではなく、患者数も少ないということで研究者の数も少ないと言われています。

ただ、近年乾癬の患者数が増加傾向にあるといわれています。最近、モデルの道端アンジェリカさんやミュージシャンのヒャダインさんが乾癬を告白し、一般的な知名度も高まってきていますね。とはいえ、まだ有効な治療法というのも確立されておらず、研究が進められています。

そんな状況で、近年、様々な新薬も開発されています。その中でも最近注目されている新薬が乾癬治療薬のオテズラ錠です。

<スポンサーリンク>

乾癬治療薬オテズラ錠はどんな薬

日本では乾癬の経口薬はながらく開発されていませんでした。このオテズラ錠は日本では25年ぶりの経口剤として開発されました。セルジーンという会社が2017年の3月に発売を発表し、注目されています。

欧米では2014年から使用されていた安全性と効果の有用性が確認されているそうです。免疫細胞内のPDE4が乾癬の炎症などを引き起こすとされていて、オテズラ錠はこのPDE4を抑制することで乾癬の症状を改善させていきます。

皮膚だけではなく、爪や頭皮の乾癬の改善にも効果が期待できるそうです。免疫細胞に直接働きかけるのでステロイド剤などほかの塗り薬でも効果がでない場合に使われます。

経口剤なので炎症が全身に広まっていて薬を塗るのが難しい方にも向いている治療法といえそうです。塗り薬では関節症性乾癬の治療も難しいですが、オテズラ錠のような経口剤であれば、関節症性乾癬にも効果が期待できます。

乾癬治療薬オテズラ錠の副作用

塗り薬の場合は塗った皮膚に関して副作用がでる場合がありますが、経口剤の場合には全身に薬が回るので副作用も全身にでやすくなると言われています。

具体的には吐き気や下痢、嘔吐などの消化器症状、頭痛、鼻咽頭炎、上気道感染などの副作用のリスクがあります。免疫に作用することでウィルスや細菌に感染しやすくなると言われています。ただ、現在のところ内臓障害や免疫の重篤な副作用などはないようです。

オテズラ錠が飲めない方

・オテズラ錠に含まれる成分に対してアレルギー反応を起こしたことがある
・小児
・妊娠または妊娠している可能性がある女性

以下の方は服用時に特に注意が必要です
・妊娠可能な女性(服用時は要避妊)
・重い腎機能障害がある方
・重いうつ病や自〇を考えたことがある人
・授乳中の女性
・感染症にかかっている、または疑いがある
・65歳以上の方

オテズラ錠の飲み方

1日目は朝10mg、2日目は朝10mg、夕10mgというように徐々に量を増やして飲んでいきます。強力な薬ということなので少量で徐々に体に慣らしていきます。このオテズラはとくに最初の1週間くらいは軽度の副作用がでやすいと言われています。だいたい2週間くらい飲み続けると効果もでてきやすいそうです。

オテズラ錠について私見

いろいろ調べてみると、すでに処方している皮膚科もあってそこの患者さんには効果があったりするようですし、治療効果も高いようです。重度の乾癬患者の場合、生物学的製剤による注射の治療がありますが、注射に抵抗がある方にもこうした経口剤の治療薬は向いていそうですね。

薬剤の価格がまだ高めなのですべての乾癬患者さんがこうした治療を選ぶのは難しいかもしれませんが、薬剤が安くなってくれば根本的な乾癬治療薬として活躍する可能性もあるかもしれませんね。

<スポンサーリンク>
追記1
先日、皮膚科に言ったら、医師からオテズラ錠を勧められました。塗り薬ではなかなか改善しないということでこうした薬を使ってみてはどうかとのことでした。生物学的製剤よりも効果はゆるやかなようですし、副作用のリスクも少ないみたいなので今後ちょっと検討してみようかなと思います。

ただ、正直、こういう薬には頼りたくないんですよね。薬に頼るとなかなか抜けられないようですし、なるべく薬をのまない自然療法で治していきたいなと思っています。どうしようもなくなったらもしかしてオテズラ錠の治療をうけるかもしれません。その時はまたここで治療の経過などを報告していこうと思います。

追記2
乾癬の症状が悪化したということでオテズラ錠を服用しました。私は6か月間服用しました。結論を先に言ってしまうとあまり効果がありませんでした。最初のころはちょっと赤みや炎症の範囲が減って、症状がよくなった気がしましたが、その後はあまり効果がでずに、大きな治療効果は得られませんでした。

あとはこの薬の副作用なのか分かりませんが、オテズラを飲んでいる時期はちょっと精神的に落ち込みやすくなった気がします。将来を悲観してしまい、どうせ自分はダメなんだという思考がでてきてしまったこともありました。この時期は自〇という考えも浮かんだこともあり、かなり辛かったのを覚えています。

ただ、これはオテズラの副作用なのかどうかは分かりません。この時は、筋トレなどの運動もしておらず、引きこもっていて、不規則な生活をしていたので、その影響で精神的に落ち込んだ可能性もあります。重いうつ病や〇殺を考えたことがある人は服用に注意と言われているのでなんらかの精神的な影響がある可能性もあります

このあたりのことは医師にしっかり相談するのが大事です。あとは乾癬はメンタルも病みやすいのでストレス対策とか不安対策もしっかりやっておきましょう。

ストレスを受けやすかったり、神経症的な性格を持っている方は性格を変えていくのも大事だと思います。性格を変える方法について書いた記事もありますのでこちらも参考にしていただければ幸いです。

乾癬になりやすい性格とは?性格を変える確実な方法は○○と判明!

これからオテズラを服用しようか迷っている方にとっては不安になってしまう内容を書いてしまいましたが、今回のは私の体験談であり、一般的なものではないので、あなたの場合は治療効果が高く乾癬が改善するという可能性は十分にありえます。

私の場合はかなり重い乾癬の症状だったので治療効果があまりありませんでしたが、そこまで重くない場合には症状がよくなることも多いようなので、試してみる価値はあるはずです。医師とよく相談して、オテズラを服用するかどうか決めてください

あなたの乾癬の症状がよくなることをお祈りしています。

<スポンサーリンク>